クリエイター必見! おすすめライブ配信PCの選び方

目次

ライブ配信に最適なPCスペック解説

ライブ配信に最適なPCスペック解説

必要なCPU性能とおすすめモデル

ライブ配信に最適なPCスペックは、快適なストリーミング環境の礎となります。

特にCPUの性能は、複数のアプリケーションを同時に動かしたり、高解像度のビデオを処理したりする際に重要な役割を果たします。

適切なCPUを選ぶことで、配信中の映像が途切れることなく、快適に視聴者に届けられるため、ストリーマーとしての信頼性を高めることができます。

現在の市場では、インテルCoreシリーズやAMD Ryzenシリーズが主流です。

ライブ配信では、少なくともインテルCore i5クラス、またはAMD Ryzen 5クラスのCPUを推奨します。

これらは複数のコアを持ち、マルチタスク処理に優れているため、配信ソフトウェアとゲームや他のアプリケーションをスムーズに運用することが可能です。

なお、より高品質な配信を目指す方には、インテルCore i7やAMD Ryzen 7以上をおすすめします。

これらのモデルでは、より多くのコアとスレッドを活用できるため、エンコード処理も余裕を持って行え、視聴者にとって格段に快適な視聴体験を提供できるでしょう。

さらに、ライブ配信で実際に配信を行う際には、PC全体としてのバランスが重要です。

しかし、ここではあくまでもCPUの選択に注目し、ライブ配信を軽快に行うための心臓部としての選び方に焦点を当てています。

信頼性の高いメーカー製品を選び、将来のアップグレードのことも考えつつ、現在の配信目的に最適なCPUを選択することが、クリエイティブな活動をサポートする鍵となるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40918 2418 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40867 2359 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40867 2359 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38351 2079 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38276 2050 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35290 2236 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35290 2236 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33552 2209 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33552 2209 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32334 2103 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32334 2103 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29074 2041 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28676 1971 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26870 2046 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24488 2104 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24488 2104 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21940 1950 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20237 2017 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19385 1938 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17621 1817 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15947 1779 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15947 1779 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15194 1983 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9019 1748 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9019 1748 公式 価格

メモリ(RAM)の適正サイズと種類

ライブ配信を滑らかに行うには、適切なメモリサイズが不可欠です。

メモリは、アプリケーションや配信データを一時的に格納する役割を担い、使用するメモリ量によってPCの処理速度と直接関係しています。

特にライブ配信では、高画質の映像を扱うために多くのメモリ容量を要し、8GBを最小限とし、快適に配信を楽しむなら16GB以上が推奨されます。

ゲーム配信や複数のアプリケーションを同時に使用するクリエイターの場合、さらに多くのメモリが必要となるため、32GBを搭載することが理想的です。

また、メモリの種類にも注目しましょう。

一般的に主流となっているDDR4と、さらに高速なデータ転送を可能とするDDR5があります。

ライブ配信のように大量のデータを即座に扱う作業では、DDR5を選択することでよりスムーズな配信体験が期待できます。

ただし、DDR5は新しい技術であり互換性に注意が必要です。

PCのマザーボードがそのスペックに対応しているか確認することが重要です。

ライブ配信で求められるパフォーマンスを実現するためには、適正なメモリサイズの選定と最新のメモリ種類の把握が、そのクオリティを左右します。

したがって、サイズと種類を見極めたメモリ選びは、クリエイティブな活動における核となる要素の一つとなるのです。

ストレージのタイプと容量の選び方

ライブ配信におけるストレージ選びは、滑らかな配信体験を実現する上で欠かせない要素です。

高解像度でのストリーミングや長時間配信では、迅速なデータの読み書きが求められます。

ここで重要になるのが、SSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)の二つの選択肢です。

SSDはその高速なアクセス速度で、OSの起動はもちろん、ライブ配信ソフトウェアや動画編集ツールの応答しなければなりませんが、価格がHDDに比べて割高になりがちです。

逆にHDDはコストパフォーマンスに優れ、大容量のデータを保存する際には有利と言えるでしょう。

加えて、ライブ配信ではスムーズな動作のために、ストレージの容量も重要なポイントです。

少なくとも1TB以上のSSDは配信用PCに最低限必要ですが、できれば2TB以上、またはそれにプラスしてHDDを併用することで、長時間の録画データも余裕をもって扱えるようになります。

こうした混合環境は、配信アーカイブや素材の保管にも便利であり、快適な配信活動を支えてくれることでしょう。

最適なストレージの選択は、ライブ配信の質と密接に関わっているため、安価で大容量のHDDに惹かれがちですが、配信のクオリティを考慮する際にはSSDへの投資を惜しまない方が賢明です。

ゲーム配信や高画質での配信を見据え、ストレージには適切なバランスと十分な余裕を持たせることが、トラブルフリーなライブ配信を実現する鍵です。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

グラフィックカードの役割と選定ポイント

グラフィックカードは、ライブ配信を行う際に欠かせないパフォーマンスのハートピースです。

生の映像がどんなに素晴らしくても、それを視聴者にスムーズに伝えるためには、映像処理能力が高いグラフィックカードが必須となります。

ライブ配信での画像は、リアルタイムでエンコードされたり、フルHD以上の高解像度でストリーミングされるため、グラフィックカードへの負担が通常のゲームプレイよりも大きいのです。

選定ポイントとして、まずはエンコーディング能力に注目しましょう。

特に、NVIDIAのNVENCやAMDのVCEといったハードウェアエンコーダーを搭載したモデルは、CPUへの負担を軽減しながら高品質なストリーミングを可能にします。

また、ストリーミング解像度が高く、複数の画面を同時に扱う場合、ビデオメモリの容量も重要です。

4GB以上を目安に選ぶことで、より安定した映像配信を実現できます。

さらに、多くの配信ソフトウェアがグラフィックカードの性能に依存する機能を多く備えており、グリーンバック合成や特殊エフェクトの追加といった拡張機能を使用する際にも性能が問われます。

こうした機能を快適に利用するためにも、現代の主流となるGDDR6メモリを搭載した最新のグラフィックカードに目を向けることが望まれます。

結果的に、ライブ配信に適したグラフィックカードを選ぶ上で重視すべきは、エンコーディング能力、ビデオメモリの容量、そして最新のメモリ規格への対応です。

これらをバランス良く兼ね備えたグラフィックカードを選ぶことによって、クリエイターは惹きつける配信を行い、視聴者にクオリティの高い映像体験を提供できるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35926 74130 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29876 73425 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28929 68336 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 25986 67515 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23564 55649 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19787 50483 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19102 51131 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17843 45885 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16871 42450 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13366 34612 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13365 35061 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13250 34429 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12377 30382 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10750 31742 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10580 28585 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10571 27503 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7284 19622 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6228 16043 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

おすすめライブ配信ソフトとPCの相性

おすすめライブ配信ソフトとPCの相性

ライブ配信ソフトウェア別のPC要件

ライブ配信ソフトウェア別のPC要件に関して、その相性はまさにクリエイターたちの生放送パフォーマンスを左右する大きな鍵です。

例えば、OBS Studioを使用する際には、比較的低いスペックのPCでも基本的な配信が可能ですが、1080pの高画質でのストリーミングを考えるなら、Core i5以上のプロセッサー、8GB以上のRAM、そしてNVIDIAやAMDの中級クラスのグラフィックカードが望ましいです。

一方、Streamlabs OBSに目を向けると、OBS Studioに比べて使いやすいインターフェースが魅力ですが、その分リソースをより多く必要とします。

それゆえに、ライブ配信の品質を確保するためには更にパワフルなPCが推奨されます。

具体的には、Core i7以上のプロセッサーに16GBのRAM、そして高性能なグラフィックカードが理想とされるわけです。

また、XSplit Broadcasterを用いる場合は、プラグインや拡張機能を多用することを考慮し、さらに高性能なPC構成が求められます。

特に、複数カメラや高度な画面エフェクトを活用するなら、より速いクロック速度を持つCPUや、迅速なデータ処理が可能なSSDの重要性が高まります。

ライブ配信をするPCを選ぶ際には、使用するソフトウェアが推奨するスペックをしっかりと確認し、自分の配信スタイルに合った機材を選定することが不可欠です。

常に最新の情報を収集し、視聴者に最高のエンターテインメントを提供するためには、ソフトウェアとハードウェアの調和が欠かせません。

ですから、配信のクオリティを追求するクリエイターにとって、適切なPC選びは、その創造性を最大限に発揮するためにも非常に重要なのです。

複数カメラや外部デバイスを使用する場合の注意点

複数カメラや外部デバイスを使用する際には、ライブ配信で視聴者に優れた体験を提供するためにも、ソフトウェアとハードウェアの互換性が重要なポイントとなります。

ライブ配信で多角度の映像を実現したい場合、それぞれのカメラからの映像をスムーズに切り替えられる機能を備えたソフトウェアを選ぶ必要があります。

そして、使用するPCは十分なUSBポート数や映像入力をサポートする必要があるため、事前にチェックが必須です。

また、高解像度のカメラを使うと映像の質は上がりますが、それに伴いデータの処理負荷も高まるため、PCのスペックも念頭に置くべきです。

特にCPUとメモリは、複数の映像ストリームを途切れることなく処理するために不可欠で、選択するPCにはこれらが高性能であることが求められます。

外部デバイスとして、マイクやオーディオインターフェースを利用するシナリオでは、ライブ配信ソフトがこれらのデバイスと完全に互換性があるかどうかも確認することが欠かせません。

音声の遅延や不具合は視聴体験を著しく損ねる可能性がありますから、信頼性のあるオーディオデバイスとの組み合わせは、視聴者にクリアな音質を提供する上で基本中の基本と言えるでしょう。

最終的には、複数の映像やオーディオソースを同時に管理できるように設計された配信ソフトと、それらを快適に動作させることのできるPCを選ぶことが成功のカギです。

信頼性とパフォーマンスを兼ね備えたセットアップは、クリエイターが求めるクオリティの高いライブ配信を実現し、視聴者を惹きつける秘訣となるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D

無限の可能性、あなたに捧げるユーティリティフォーカスグレードのゲーミングPC
洗練されたパフォーマンス、16GB DDR5と1TB NVMe SSDが作り出すイデアルマッチ
スタイリッシュに輝くミドルタワーケース、センスを際立たせるデザイン性
Ryzen 9 7900X、高速処理がコミットする無限の創造力を体験

【ZEFT R52D スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52N

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52N
【ZEFT Z52N スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52N

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47P

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47P

マルチタスクにもゲームにも対応するスーペリアバジェットのゲーミングPC
RTX 4070搭載で、グラフィックスの先鋭性とメモリの余裕が高次元で融合
クリアサイドパネルのマイクロタワーケースで、洗練されたデザイン性をお部屋に
最新Core i5 14400Fで快適動作を確約するハイパフォーマンスモデル

【ZEFT Z47P スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47P

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47S

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47S

スマートパフォーマンスで先進のゲーミング体験を届ける、PCの新時代がここに
心ときめくスペックのバランス、16GBメモリと1TB SSDで高速・快適動作
クリアサイドパネルが映えるミドルタワーケース、美しさと実用性を兼ね備えたデザイン
ハイレベルなエントリークラス、新世代のCore i5 14400Fが瞬時に応答

【ZEFT Z47S スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47S

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AW

究極のプレイ体験をコミットするプロフェッショナルクラスのゲーミングPC
高速DDR5と1TB NVMe Gen.4 SSDで、スムーズなパフォーマンスと応答性を実現
洗練されたMasterBox CM694ケースが、あらゆるデスクトップにスタイリッシュな存在感を放つ
Ryzen 7 7700搭載、最新かつ高性能でマルチタスクも軽々とこなすPC

【ZEFT R47AW スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードRadeon RX 7900XT (VRAM:20GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47AW

ライブ配信で重要なPC冷却機能

ライブ配信で重要なPC冷却機能

PC冷却システムの種類とその効果

ライブ配信をする際のPC性能は非常に重要ですが、その中でも特に冷却システムの効果と選択は重要な要素の一つです。

冷却システムには大きく分けて、空冷と水冷の二種類があります。

空冷システムは主にヒートシンクと呼ばれる金属の塊とファンを使用して、PC内部の熱を外部に放出します。

効率的かつコストパフォーマンスに優れており、幅広い機種で採用されているのが特徴ですが、ファンの回転音がライブ配信に影響を及ぼす場合があります。

一方、水冷システムでは液体のクーラントを循環させて熱を外部のラジエーターへと運ぶため、より高い冷却効率が期待できます。

特に高負荷がかかるライブ配信中でもPCの温度を安定させることができるため、安心して長時間の使用が可能です。

しかしながら、設置が複雑であり、価格も高めである点は考慮する必要があります。

さらに、万が一の漏れが発生するリスクも押さえておくべきです。

配信中の安定したパフォーマンスを保つためには、これら冷却システムの中から自分のPC環境や配信内容に合ったものを選ぶことが肝心です。

高い冷却性能を求めるなら水冷、コストとメンテナンスの手軽さを重視するなら空冷がおすすめです。

配信をスムーズに行うためには、静かで効率的なPC冷却システムの選択に注目しましょう。

ライブ配信用PCの選択肢 デスクトップVSノートPC

ライブ配信用PCの選択肢 デスクトップVSノートPC

デスクトップ型PCのメリットとデメリット

デスクトップ型PCはライブ配信において非常にパワフルなオプションです。

優れた処理能力とカスタマイズ性が最大の特徴で、多くのクリエイターがその信頼性に魅力を感じています。

特に、高品質なストリーミングを行いたいと考える際には、デスクトップPCが能力を存分に発揮します。

その理由としては、デスクトップ型PCが強力なグラフィックカードや多核心のプロセッサに対応できる余裕があるからです。

これらはライブ配信中の画質やエンコーディング速度に直接影響を与えるため、クオリティを維持しつつ滑らかな配信を実現します。

一方で、デメリットも存在します。

デスクトップPCはその大きさと重量から持ち運びが困難なため、モバイル環境でのライブ配信には不向きです。

また、設置スペースをそれなりに要求しますので、作業環境が限られている場合は不利になるかもしれません。

加えて、デスクトップPCでは一度設定を整えるとその場から動かすことが難しくなるため、フレキシブルな環境変更を求める場合には制限を感じることでしょう。

このように、デスクトップ型のPCはライブ配信でのパフォーマンス重視の方々には理想的な選択ですが、ポータビリティと柔軟性を重視する場合には考え直す必要があります。

配信活動の目的や、使用環境をしっかりと見極めた上で、最適なライブ配信PCを選ぶことが重要です。

そして、その選択がクリエイターのパフォーマンスに大きく貢献するのです。


クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45CBB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45CBB

ゲーマーやクリエイター必見! プロフェッショナルグレードのゲーミングPC
華麗に調和スペック、快速32GB DDR5メモリ、信じられない応答速度
見た目も実力も抜群、ROG Hyperion GR701ケースでスタイルに差をつけるデザイン
フラッグシップ、Core i9 14900KF搭載で、処理速度が飛躍的にアップ

【ZEFT Z45CBB スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS ROG Hyperion GR701
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASUS製 ROG STRIX Z790-F GAMING WIFI II
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45CBB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

プロ級のクリエイティブ作業もゲームも滑らかにこなす、アドバンストスタンダードのゲーミングPC
快適なパフォーマンスバランスが魅力!16GBメモリと最新NVMe 1TB SSDで高速動作
シンプルで洗練された静音性ケースに注目、Silencio S600で作業の集中度アップ
最新とパワフルが手を組んだCore i7 14700KF搭載、複雑な作業もスムーズに

【ZEFT Z45GE スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

アドバンスドセグメントの心臓で日々の戦いも余裕のゲーミングPC
進取のバランス、フルパワー32GBメモリ×RTX™ 4070の快速マシン
コンパクトなのに大胆、透明サイドパネルで内部がキラリモデル
ターボ動力の新世代Core™i3-14100、快適動作の心臓部

【ZEFT Z45DBW スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CM
【ZEFT Z52CM スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CM

ノート型PCのメリットとデメリット

ライブ配信を行う際にノート型PCを選ぶ最大の魅力はその持ち運びやすさにあります。

現代のクリエイターは常に移動することが多く、イベント現場や屋外での配信など、さまざまなシチュエーションで活動する必要があります。

そんな時、ノートPCは軽量でコンパクトなため、気軽に持ち運べるのです。

また、設置スペースにも困らず、狭い場所でも自由にライブ配信のセットアップが可能です。

しかしながら、デメリットも見過ごせません。

ノートPCは比較的、アップグレードが困難なことが挙げられます。

ライブ配信では高い処理性能が求められるため、長期的に見るとデスクトップPCの方がパーツ交換による性能向上がしやすいのです。

また、一部の高性能モデルを除き、ノートPCは熱管理が難しく、長時間の使用でオーバーヒートしやすい傾向があります。

これは配信中のパフォーマンスに影響を及ぼす恐れがあるため、冷却機能にも注目して選ぶ必要があります。

さらに、配信のクオリティ向上のためには、ウェブカメラやマイクといった周辺機器が不可欠ですが、ノートPCの場合、接続可能なポートの数に限りがあることが多く、拡張性に難がある点も考慮するべきでしょう。

しかし、最適なドッキングステーションやUSBハブを活用すれば、この問題もクリアできます。

結局のところ、ノート型PCの選択は、持ち運びの便利さを最優先とするか、拡張性や冷却性の面で多少の妥協をしても良いかによって異なります。

ライブ配信を行うためのノートPC選びは、そうした環境や需要に応じて賢明に選ばれるべきものなのです。

PCライブ配信の接続インターフェース

PCライブ配信の接続インターフェース

必須となる接続ポートとそのスペック

PCライブ配信を行う際には、安定した映像と音声を配信するために適切な接続ポートが求められます。

具体的に注目すべきポートとしては、まずUSB 3.0またはそれ以上の規格が挙げられます。

これはデータ転送速度が速く、ウェブカメラやオーディオインターフェースなどの周辺機器をスムーズに接続できるためです。

さらに、複数の機器を同時に使用することを見据え、USBポートは複数備えることをお薦めします。

次にHDMIポートですが、これは高解像度のビデオ信号を転送することができますので、外部のカメラからの映像をPCへと取り込む際に非常に有用です。

加えて、PCとモニタ間やキャプチャカードへの接続にも利用されるため、最低一つは備えることが望ましいでしょう。

さらに、高音質でクリアな音声を配信するためには、良質なオーディオインターフェイスが必須です。

そのため、高速なデータ伝送を可能にするThunderboltポートや、専用のオーディオインターフェースを接続するための専用ポートの有無も重要なチェックポイントです。

それらのポートを適切に備えたPCを選ぶことで、ライブ配信時のトラブルを回避し、毎回安定した品質の配信を実現することが可能となります。

結果として、視聴者に対して専門的かつ円滑な配信を提供することができるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

拡張性を考慮した入出力端子の選び方

ライブ配信で高画質な映像やクリアな音声を提供するためには、PC内の入出力端子が重要な役割を担っています。

端子の種類に注目し、将来的な拡張性を見越して選ぶ必要があります。

例えば、HDMIやDisplayPortといった映像出力端子では、4K配信を視野に入れた場合、帯域の広い接続が推奨されます。

またUSB端子は、3.0以上であれば高速なデータ転送が可能で、複数の外部機器を同時に使用するライブ配信環境においては、その数や速度が要になってくるでしょう。

さらに、特に音声配信が重要なクリエイターの場合は、オーディオインターフェースへの対応が大切です。

高品質なマイクを使用する場合にはXLR端子の有無が判断基準となることもあります。

インターフェースの種類によっては、専用のドライバーが必要になることもありますので、購入前には確認が必須です。

また、ネットワーク環境も配信の質に大きく影響しますから、有線LANポートも忘れてはなりません。

ギガビット対応のLANポートを搭載することで、安定したインターネット接続が得られ、快適な配信活動を支えることができます。

これらの要素を踏まえてPCを選ぶことで、ストリーミング中のトラブルを避け、視聴者にとっても配信者にとっても満足のいくライブ配信環境を整えることが可能です。

高い拡張性を備えたPCを選び、まさに配信の未来を切り開くための準備を整えましょう。

サウンドクオリティを高めるPC内蔵/外付けオーディオ機能

サウンドクオリティを高めるPC内蔵/外付けオーディオ機能

内蔵サウンドカードと外付けオーディオインターフェースの比較

ライブ配信で重視されるサウンドクオリティは、視聴者の体験に直結する要素であり、クリエイターが手を抜けない部分です。

PCの内蔵サウンドカードは、手軽に基本的な音声入出力が可能ですが、多くはオーディオ制作に特化していないため、質の高いサウンドを求める際には物足りなさを感じます。

一方で外付けオーディオインターフェースは、優れた音質を提供するために設計されており、ハイレゾ音源の録音・再生にも対応している製品が多く存在します。

また、入力の選択肢が広く、プロのミュージシャンも使用する専門的なマイクや楽器を直接接続できる点が大きなメリットです。

さらに独立したボリューム調整やサウンドエフェクトの適用が可能なため、配信中における柔軟なオーディオコントロールが可能になります。

選択をする際には、使う環境のノイズレベル、求める音質、予算を総合的に考慮することが大切です。

内蔵サウンドカードで十分なシチュエーションもあれば、外付けオーディオインターフェースの拡張性と高音質が必須となる場合もあります。

クリエイターが目指すライブ配信の品質に合わせて、適したオーディオソリューションを見極めることが欠かせません。

音の良し悪しは視聴者が配信を楽しむ上での重要なポイントですので、サウンド面において適切な機材選びを行うことは、ライブ配信を成功させるうえでの不可欠なステップと言えるでしょう。

高品質なサウンドを追求するクリエイターにとって、外付けオーディオインターフェースの導入は、配信のプロフェッショナリズムを格段に引き上げる選択となるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAJ

力と美しさの融合、エフォートレスグレードのゲーミングPC
ハイパフォーマンスと最新技術のバランスが生む、快適なプレイ環境
透明感あるクリアパネルで、究極のカスタマイズを映すマシン
鮮烈スピード、最新Core i5が切り開く多用途の可能性

【ZEFT Z45DAJ スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LS

力強いパフォーマンスをゲーマーに提供する究極のゲーミングPC!
シームレスな動作で最新ゲームも快適、均整のとれたスペックが魅力的なモデルです
ホワイト筐体×クリアパネルの美しさが際立つ。スタイリッシュな空間に合うPC
Core i5 14600KF搭載で、パワフルな演算力と速さを日々のコンピューティングに

【ZEFT Z45LS スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45LS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52Z

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52Z
【ZEFT Z52Z スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52Z

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AN

スタンダードミドルクラスのゲーミングPC、バランスとパフォーマンスを兼ね備えたマシン
RTX 4070搭載、Core i7の力で非凡な体験を提供するスペックに注目
シンプルで洗練されたスチールパネルのミドルタワーケースが、どんな部屋にもフィット
パワフルなCore i7 14700F、タスクの切り替えもスムーズに行うプロ級CPU

【ZEFT Z47AN スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AKB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AKB

ゲームもクリエイティブ作業もスムーズにこなす、アドバンスドグレードのゲーミングPC
ラグナロク級のパワーを備え、バランスに優れたパフォーマンスであらゆるタスクを制覇
流行を先取り、Corsair 5000X RGBケースが放つ光彩に心も躍る、デザイン性重視のマシン
快速な処理能力、Core i7 14700KFが作業を加速

【ZEFT Z45AKB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AKB

動画配信者のためのカスタムPC構築ガイド

動画配信者のためのカスタムPC構築ガイド

カスタムPCを組む際のポイント

カスタムPCを組む際には、高品質のライブ配信を実現するために重要なポイントがいくつかあります。

まず考慮すべきはプロセッサの選択です。

ライブ配信では複数のアプリケーションを同時に稼働させるため、多コア・高速なCPUが欠かせません。

次にメモリーは、多めに搭載しておくことで、配信ソフトウェアやゲームなどの同時処理がスムーズになります。

また、高解像度の映像を処理するためには、強力なグラフィックカードが必要です。

ストレージについては、SSDをメインにすることで、起動速度やデータの読み書き速度を高速化し、快適な配信体験を実現できます。

加えて、専用のストリーミングカードを用いれば、配信の質をさらに高めることができます。

冷却システムにも目を向けましょう。

ライブ配信中にはPCにかかる負荷が大きくなるため、適切な冷却機能によって安定稼働を保ちます。

音質にも気を使い、優れたオーディオインターフェースやマイクを選ぶことも大切です。

放送中に聞こえる音声のクリアさは視聴者体験に直接影響するため、配信のプロフェッショナルとしては決して見過ごせません。

最後に、ケース選びで発展性を確保することで、将来的なアップグレードもスムーズに行えます。

これらの要素を総合的に考えたカスタムPCが、ライブ配信を円滑に進めるための強力な基盤となるでしょう。

緻密な計画に基づいたカスタムPCは、クリエイターにとっての最適なツールです。

そしてそのクオリティの高さが、エンドユーザーにも確実に伝わることになるのです。

信頼できるパーツの選定と購入先

ライブ配信を成功させるためには、信頼できるパーツの選定が不可欠です。

最高のパフォーマンスを提供するためには、まず心臓部となるプロセッサを選びます。

インテルのCore i7以上またはAMDのRyzen 7シリーズが、動画配信において優れた処理能力を発揮するでしょう。

次にメモリは16GB以上を搭載し、快適なマルチタスクを実現させることが大切です。

ストレージについては、高速なSSDをメインに据え、ライブ配信でのデータの読み書き速度を高めます。

また、大容量のHDDを併用することで、録画した動画の保存に対応できます。

グラフィックカードは、配信ソフトウェアがGPUアクセラレーションを活用するため、NVIDIAやAMDの最新モデルを選ぶと良いでしょう。

パーツを選ぶ際には、専門的なレビューサイトや実際のユーザーのレビューを参考にするのが賢明です。

また、購入は信頼のおける専門店や公式ショップを利用することで、品質やアフターサービスを確保することが重要です。

適正価格で購入できるセールやキャンペーンの情報も参考にして、購入の判断を行うと良いでしょう。

このようにして選定したパーツは、自分の演出したい配信に合わせて慎重に選ぶ必要があります。

パフォーマンスとコストのバランスを考え、長期的に見ても満足のいく結果を生むPC構築を目指しましょう。

それこそが、動画配信者が視聴者に最高の体験を提供し続けるための鍵なのです。

予算別ライブ配信PCの選び方

予算別ライブ配信PCの選び方

予算10万円以下のエントリーレベル構成

ライブ配信においては、安定したパフォーマンスが求められますが、予算10万円以下ではどのように適切なPCを選ぶべきかを考える必要があります。

この価格帯で注目したいのは、十分な処理能力を持ちつつ、コストパフォーマンスに優れたPC構成です。

基本的には、四コア以上のプロセッサーとそのプロセッサーの能力を最大限に引き出せるようなメモリ容量、快適な操作性を実現するSSDの搭載が望ましいです。

例えば、Ryzen 3やIntel Core i3のようなミッドレンジのCPUは、ライブ配信ではエントリーレベルとして適切であり、かつコストを抑えるには最適な選択肢といえます。

GPUに関しては、内蔵グラフィックスがある程度の性能を持っていれば、無理に高価な独立GPUを求める必要はありませんが、配信内容にゲーム実況が含まれる場合は、別途入手を検討すると良いでしょう。

それでも、NVIDIAのRTX3050やAMDのRadeon RX 7700といったモデルは、価格を抑えつつ、ライブ配信でのゲームプレイに十分な性能を提供してくれます。

選択する際には、PCがライブ配信ソフトウェアとの互換性を保ちつつ、今後のアップグレードの余地も考慮することが重要です。

予算が限られている場合でも、質の高いライブ配信を実現するには、将来的な拡張や機能向上の可能性を秘めたPCを選ぶべきです。

こうして、予算内で最適なパフォーマンスを引き出す構成を目指して、みんなが満足できるライブ配信体験を提供できるでしょう。


予算20万円?30万円のミッドレンジ構成

予算20万円から30万円のミッドレンジ構成では、ライブ配信を快適に行いながら、将来的なアップグレードの余地も考慮したPCを選ぶことが肝要です。

この価格帯では、充実したマルチタスク性能を発揮する8コア以上のプロセッサ、中?高設定でのゲーム配信が可能なミドルレンジのグラフィックカードを搭載したマシンが選択肢として挙げられます。

さらに、RAMは16GB以上を推奨し、快適なデータ読み書きのためにNVMe SSDを備えることで、ソフトウェアの起動やファイルの読込みが迅速に行えるようになります。

さらに、ライブ配信では安定した処理能力が要求されるため、過熱に強い冷却システムも重要な要素の一つです。

高品質なケースと複数のファン、そして適切なケースレイアウトは、パフォーマンスを長時間維持する上で不可欠です。

また、サウンドカードやマイク入力に関する機能も配信クオリティに大きく影響します。

良質なオーディオインターフェースを搭載し、クリアな音声を伝えることができるPCを選ぶべきです。

高性能なPCはライブ配信だけでなく、動画編集やグラフィック作業もスムーズにこなせるため、コンテンツクリエーターとしての幅広い活動に対応できる万能選手となるでしょう。

重要なのは、自身の配信スタイルや将来行いたいコンテンツ制作に合わせて、最適なスペックを選定することです。

上手くスペックをバランスさせることで、コストパフォーマンスに優れた理想のライブ配信PCを構築できるはずです。

予算30万円以上のハイエンド構成

ハイエンド構成に30万円以上の予算を投じる場合、ライブ配信用PCの選択肢は劇的に広がります。

高品質な配信を目指すクリエイターにとって、この金額帯ではハイスペックなプロセッサ、例えばAMDのRyzen 9 シリーズやIntel Core i9 シリーズを選択する余裕が生まれます。

これらのCPUは複数のコアを持ち、同時に複雑なタスクを処理する能力に優れているため、配信中のエンコードやゲームプレイといった重い負荷もスムーズにこなせます。

グラフィックカードに関しては、NVIDIAのGeForce RTX4080やRTX4090のようなトップクラスのモデルが視野に入ります。

こうしたグラフィックカードは高度なグラフィック処理力を備えており、高解像度での配信やVRコンテンツの制作にも対応しています。

また、ライブ配信では視聴者の目を引く美しい映像が求められるため、優れたグラフィックカードは重要な役割を果たします。

さらに、大容量のメモリや高速のストレージシステムも優れたライブ配信体験を支える要素です。

メモリは32GB以上を選び、ストレージにはNVMe SSDを採用することによって、データの読み書き速度が向上し、ソフトウェアのロード時間の短縮やゲームのローディング時間の削減が実現します。

このように、30万円以上の予算をかければ、ライブ配信の質を大幅に引き上げるための装備を整えることができるのです。

適切な構成を選び、ビューワーに最高の視聴体験を提供するための投資を惜しまない姿勢が、ライブ配信において成功を収めるために不可欠です。

ライブ配信用PC購入時の保険とサポート

ライブ配信用PC購入時の保険とサポート

保証期間とサポート内容をチェック

ライブ配信用のPCを選ぶ際には、単なるスペックだけでなく、保証期間とサポート内容にも注目することが重要です。

長時間の使用や複数のソフトウェアが同時に稼働することも想定されますから、予期せぬトラブルが発生したときに安心して対応できる保険のような存在と言えるでしょう。

ほとんどのPCメーカーは、購入後の初期不良に対しては一定期間の保証を提供しています。

しかし、ライブ配信を行う場合は、長時間にわたり高負荷がかかるため、通常使用を超えるリスクを考慮する必要があります。

ここでポイントとなるのが、メーカーが提供する保証期間の長さです。

長期保証があればあるほど、万が一の際に修理や交換が容易になります。

さらに、サポート内容も見逃せません。

メーカーや製品によっては、迅速なオンサイト修理や24時間365日受けられる電話サポート、専門家によるアドバイスなど、充実したサービスを提供している場合があります。

ライブ配信で遭遇するであろう様々なトラブルに対して、タイムリーかつ適切に対応することで、配信の中断を最小限に抑えられるのです。

以上のことから、ライブ配信用PCを選ぶ際には、保証期間の長さやサポート内容の質も重要な判断基準となるわけです。

購入する前には各メーカーの保証規定をしっかりと確認し、万全のサポート体制を整えることが、安定した配信活動への第一歩と言えるでしょう。

トラブル時のサポート体制と対応速度

ライブ配信用PCを手に入れたからといって、安心して終わりではありません。

いざという時のサポート体制は、クリエイターがストレスなく創作活動を続けるために不可欠です。

故障や不具合といったトラブル発生時、迅速かつ的確な対応が求められます。

そのためには、購入したPCメーカーや販売店のアフターサポートの詳細を事前に確認しましょう。

ひとくちにサポートと言っても、その内容は多岐に渡ります。

電話、メール、チャットといった連絡手段の充実度、対応可能時間、修理や交換にかかる期間、そしてそれらのサービスが追加コストなしで受けられる保証期間の長さが重要なポイントです。

例えば、24時間365日体制のヘルプデスクがあれば、深夜や休日に生じたトラブルも素早く解決に導くことができます。

また、対応速度は、クリエイターの活動の継続性に直接影響を及ぼします。

PCが使用不能になった際に、代替機の提供があるか、故障した部品の即時交換が可能かなど、ダウンタイムを最小限に抑えるサポートがあるかも見定めるべきです。

さらに、リモートサポートによる直接的なトラブルシューティングが行えれば、送り返しに時間を取られることなく速やかな問題解決につながります。

選んだPCがクリエイターの才能を最大限に引き出すためには、万が一のトラブルにも迅速に対応してくれるサポート体制が整っていることが必須です。

サポートの質や対応速度が、長い目で見た場合の作業効率や作品のクオリティを左右するため、細心の注意を払って選びましょう。

あわせて読みたい

作曲家の悩み解消! DTMに最適な音楽制作PCおすすめランキング

BTOパソコン シックス

e-sportsに最適! ゲーム用パソコンの選び方とおすすめモデル紹介

静音PC&BTOパソコン

VR Worldを支配せよ! 究極のゲーミングPC選出術

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

実践! クリエイターPCのおすすめ構成ガイド パフォーマンス最大化の秘訣

おすすめゲーミングPCライフ

高性能で選ぶ! 最強おすすめゲーミングPCベストセレクション

ゲーミングPC Z

ゲーム実況PCの最適解 画質・速度・安定性を備えて

えぐぜくてぃぶなPC

AIイラスト革命 自動生成性能を極めるPC選定ガイド

静音PC&BTOパソコン

ライブ配信のプロフェッショナルが選ぶおすすめPCリスト

BTOパソコン シックス

選び方が9割! パソコン購入前に読むべきおすすめガイド

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

プロエンジニア推薦! おすすめBTOパソコン完全ガイド

えぐぜくてぃぶなPC

システムエンジニア向けパソコン価格別全ガイド コスパ最強編

ゲーミングPC Z

動画制作者向けパソコン完全ガイド あなたにぴったりの機種選び

おすすめゲーミングPCライフ

ゲーミングPCの最新トレンド分析 2024年注目のハイパフォーマンス機種

BTOパソコン シックス

パソコンカスタマイズの新基準! 注文の際に追い求めるべき性能とは?

静音PC&BTOパソコン

静かな環境を求める全ての人へ! おすすめ静音PCカタログ

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーム配信PC選択術 スペック優先で勝ち抜くストリーミング

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

ゲーム改革! スペックに秀でたPC導入手引き

ゲーミングPC Z

モダンデザインの制作に最適! WEBデザイナーのためのおすすめパソコン

おすすめゲーミングPCライフ

システムエンジニア向けパソコン推薦モデル パフォーマンスリーダー

静音PC&BTOパソコン

映像制作マジック パソコンの性能で創造性を解放

BTOパソコン シックス

フルカスタマイズ可能! 究極のBTOパソコン選び方大全

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーム実況のプロへ! おすすめPC選択ガイド2024

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

視聴者を惹きつける! ライブ配信用おすすめPCの選び方

ゲーミングPC Z

CPUを極める! ヘビーユーザー向けBTO PC完全ガイド

静音PC&BTOパソコン

マンガ制作向け! コストパフォーマンス抜群のおすすめPC紹介

おすすめゲーミングPCライフ

予算別で選ぶ、価格パフォーマンスに優れたおすすめBTOパソコン

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

生成AIを見据えた未来設計! 最前線のおすすめPCナビ

BTOパソコン シックス

グラフィックデザイナーの選択 おすすめCore i7搭載PC

えぐぜくてぃぶなPC

ライブ配信のためのおすすめPC 飛躍するための選択肢

静音PC&BTOパソコン

音楽制作PCのフル活用! おすすめDTMセットアップガイド

ゲーミングPC Z

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次