ゲーム実況に強い! ストリーマー推奨のおすすめPCラインナップ

目次

ゲーム実況に最適なPCの選び方とは?

ゲーム実況に最適なPCの選び方とは?

実況プレイに必要なPCスペックの基礎知識

ゲーム実況に最適なPCを選ぶにあたり、微妙なバランス感覚が要求されます。

なぜなら、ゲームのプレイ自体と、その映像をストリーミングする二つのプロセスを同時に実行するためには、それぞれが十分なパフォーマンスを持つ必要があるからです。

まず、快適なゲームプレイを実現するためには強力なグラフィックカードが不可欠です。

高解像度で滑らかな映像を提供するためには、現代の高性能なGPUが中心となります。

さらに、複数のアプリケーションを同時にスムーズに走らせるため、高速な多核CPUが欠かせません。

次にメモリですが、ゲームと配信ソフトウェアの両方を快適に動作させるには、少なくとも16GBのRAMを推奨します。

ゲーム実況では、単にゲームをプレイするだけではなく、同時に配信も行うため、平常時よりも高いメモリ容量が求められます。

加えて、長時間の使用にも耐えうる冷却システムが重要となります。

これらの要素が適切に調和していることで、長時間にわたるストリーミング中においても、パフォーマンスを維持できるPCが出来上がります。

ストレージに関しては、高速なSSDを使うことで、ゲームのロード時間を短縮し、さらにはOSや配信ソフトウェアの応答性も向上します。

このように、ゲーム実況に最適なPCを選び出すためには、パートごとの性能だけでなく、それらがどう組み合わさって全体としてのパフォーマンスを発揮するかを見極める眼力が求められます。

高品質なストリーミング経験を提供するため、これらのスペックを熟慮し、選択することが肝心です。

高性能CPUの重要性とおすすめモデル

ゲーム実況をスムーズかつ高品質で配信するためには、パソコンの心臓部に当たるCPUの選択が極めて重要です。

高性能なCPUを搭載することで、複数のゲームや配信ソフトウェアを同時に快適に動作させることが可能となり、視聴者に快適な視聴体験を提供することができます。

ゲームプレイの処理に加えて、ストリーミング用のデータエンコードも行う必要があるため、特に多コア・多スレッドに対応したCPUが望ましいです。

現在、市場には様々な高性能CPUが存在していますが、中でもおすすめのモデルにはIntelのCore i9シリーズやAMDのRyzen 9シリーズが含まれます。

これらのCPUは高速なコア数とスレッド数を有し、ゲーム実況に欠かせない複雑なタスクも難なくこなしてくれます。

さらに、配信中に発生する可能性のある別のソフトウェアの動作要求にも対応できるため、実況者がいざという時にも動じることなく、安心してパフォーマンスを発揮することができます。

特に、Intel Core i9の最新モデルでは、ストリーミング専用の機能を取り入れたり、ゲーム中のFPSを落とさずに高品質な配信が可能になるなど、ゲーム実況者にとって利点が豊富です。

AMD Ryzen 9においても、価格対性能比に優れ、多くのケースでゲーム実況のニーズを満たしてくれるでしょう。

これらのCPUを選択することで、ストリーマーはゲーム実況に集中し、視聴者との交流やエンターテインメントの提供にしっかりと注力することが出来ます。

高性能CPUはゲーム実況におけるパフォーマンスをさらに飛躍的に向上させ、ストリーマーの魅力を最大限に引き出し、視聴者を魅了するための強力な基盤となるのです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40918 2418 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40867 2359 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40867 2359 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38351 2079 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38276 2050 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35290 2236 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35290 2236 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33552 2209 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33552 2209 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32334 2103 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32334 2103 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29074 2041 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28676 1971 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26870 2046 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24488 2104 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24488 2104 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21940 1950 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20237 2017 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19385 1938 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17621 1817 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15947 1779 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15947 1779 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15194 1983 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9019 1748 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9019 1748 公式 価格

グラフィックカードの選定ポイント

ゲーム実況におけるスムーズで鮮明な映像表示は、グラフィックカードの性能に大きく左右されます。

高品質なゲームプレイ画面を視聴者にお届けするためには、複数のポイントを押さえた選定が肝心です。

まず、ストリーミングに必要なのは強力な処理能力です。

最新のゲームを最高設定でプレイしながら配信するためには、高性能なグラフィックカードが求められます。

NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズなど、目的に応じた最適なモデルを選ぶことが大切です。

特に、リアルタイムレンダリングとエンコーディングを同時にこなす能力は、滑らかで高解像度のゲーム実況には不可欠です。

また、長時間の使用にも耐えうる耐久性もポイントです。

信頼性の高いメーカーの製品を選ぶことで、安定したパフォーマンスを長期間にわたって維持できます。

さらに、画質設定を調整することで、配信のクオリティとPCの負荷バランスを取ることも重要です。

配信に必要な解像度やフレームレートを考え、それに見合ったカードを選ぶことが重要であり、フルHDでの60FPS配信を目指すならば、現世代の中級クラスのグラフィックカードでも十分な場合が多いです。

しかし、より高いクオリティを追求するのであれば、4K解像度や高フレームレートに対応した上位モデルへの投資を検討することが望ましいです。

最終的には、自身の配信スタイルと予算を見極めつつ、ゲーム実況に適したグラフィックカードの選択を行うことが、満足いくストリーミングライフへの第一歩となります。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35926 74130 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29876 73425 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28929 68336 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 25986 67515 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23564 55649 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19787 50483 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19102 51131 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17843 45885 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16871 42450 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13366 34612 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13365 35061 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13250 34429 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12377 30382 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10750 31742 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10580 28585 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10571 27503 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7284 19622 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6228 16043 130W 公式 価格

メモリとストレージのバランスの取り方

ゲーム実況に必要なPCスペックとして、メモリとストレージはゲーマーと視聴者双方に快適な体験を提供するためのキー要素です。

適切なメモリ量はゲームのロード時間を短縮し、同時に複数のアプリケーションをスムーズに動かす基盤となるため、最低でも16GBのメモリを推奨しています。

一方で、ストレージの選択肢としては、高速な読み書き速度を誇るSSDが現在の主流ですが、大容量のゲームやアーカイブを保持するためには、追加でHDDを組み合わせるのが賢明な戦略と言えます。

ストリーマーが長時間にわたり快適に配信を行うには、メモリとストレージのパフォーマンスが直結し、ライブ配信中のエンコードやゲームデータの書き込みなど、複数のタスクを同時進行しなければならないため、これらのバランスが重要です。

メモリが不足しているとゲームや配信ソフトが停止することがありますし、ストレージが遅いとデータの読み込み時間が長引き、視聴者が待つことになってしまいます。

ゲーム実況では予期せぬトラブルを避けるため、常にストレージの空き容量には余裕を持っておくことも欠かせません。

メモリとストレージを最適化することでゲーム実況の品質を向上させ、視聴者により高い満足度を提供することができます。

メモリの速度とストレージの種類やサイズを適切に選択することが、ゲーム実況というエンターテインメントを次のレベルへと押し上げる鍵なのです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

放熱性能を重視する理由

ゲーム実況におけるPCの放熱性能は、安定したパフォーマンスを維持するためのキーとなります。

長時間にわたる配信や高負荷がかかるゲームでは、PC内部の温度がどんどんと上昇していきます。

この内部温度が適切にコントロールされない場合、CPUやグラフィックカードなどの重要なコンポーネントがオーバーヒートを起こし、フリーズやシャットダウンの原因となり得ます。

これではゲーム実況を楽しむどころか、突然のトラブルで視聴者を失望させてしまうリスクがあります。

放熱性能が高いPCを選ぶことは、エラーやパフォーマンスの低下を防ぐだけでなく、PC自体の耐久性を高める効果も期待できます。

特にゲーミングPCは様々な最適化が施されているため、ゲームプレイ中の熱を効果的に外部へ逃がし、内部温度の急上昇を防ぐ設計がなされています。

適切な冷却システムが組み込まれたPCを選ぶことで、長期間にわたり安心してゲーム実況を行うことができるのです。

また、放熱性能に優れたPCはそれだけでなく、騒音の低減にも寄与します。

冷却ファンの動作音が小さいことは、マイクに細かな音が拾われるゲーム実況において、重要な快適性の指標です。

ストリーマーとしては、視聴者に心地よい音声環境を提供するためにも、静かで効率的な冷却システムが搭載されたPCを選ばれることを強くおすすめします。

ゲーム実況で重視すべきPCの特徴とは?

ゲーム実況で重視すべきPCの特徴とは?

快適なストリーミングを実現するための機能

ゲーム実況においてPCのパフォーマンスは視聴者にとって快適な体験を提供する重要な要素です。

高い解像度でのゲームプレイをサクサクとストリーミングするためには、強力なグラフィックスカードが必要不可欠です。

また、ストリーミングソフトウェアを複数立ち上げたり、同時に複数の処理を行うことが多いため、多コアかつ高速なプロセッサを搭載することで、ゲームと実況の両立がスムーズになります。

さらに、安定したフレームレートをキープし続けるためには、十分なメモリ容量も必要です。

同時に起動するアプリケーションが増えるとそれだけメモリも消費されるため、少なくとも16GB以上のメモリを備えることが望ましいでしょう。

そして、配信中のトラブルを避けるためには、大容量で読み書き速度の速いSSDを用いることが推奨されます。

これにより、ゲームのロード時間の短縮に加えて、配信データの保存やアクセスが早くなり、全体のパフォーマンス向上に寄与します。

このほかにも、ストリーマーが直面する可能性のある様々な状況に対応する為には、静音性に優れた冷却システムや、ネットワーク接続の安定性を確保するための高性能ネットワークカードなども見逃せません。

快適なストリーミング環境を整えるためには、これらの機能を備えたPCを選ぶことが重要です。

複数のディスプレイ対応と拡張性に注目

ゲーム実況で成功を収めるには、ひとつのディスプレイ以上を見据えたPC構成が必須です。

複数ディスプレイへの対応ができるPCは、ゲーム画面、チャット、ストリーミングソフトなど、同時に開く多くのアプリケーションを快適に管理することができます。

これにより、実況中の操作性が向上し、視聴者により良いエンターテイメントを提供できるようになるのです。

拡張性に目を向ければ、将来のニーズに合わせてPCのパフォーマンスを上げられます。

ゲームの要求スペックは年々高くなる傾向にありますから、グラフィックカードやメモリ、ストレージの増設がスムーズに行えるPCを選ぶことは長期的に見ても賢明です。

拡張スロットやUSBポートが豊富なPCを選べば、高品質なマイクやカメラ、外付けのキャプチャデバイスなど、多岐にわたる実況機材を容易に接続できます。

実況者はパフォーマンスを限界まで引き上げることが求められるため、複数のディスプレイ対応というのはもはやスタンダードな要件であり、拡張性の高さはそのクリエイティブな可能性を大きく広げる要素です。

快適な実況環境は、視聴者にとっても魅力的なコンテンツを生み出す上での肝になるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45CBB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45CBB

ゲーマーやクリエイター必見! プロフェッショナルグレードのゲーミングPC
華麗に調和スペック、快速32GB DDR5メモリ、信じられない応答速度
見た目も実力も抜群、ROG Hyperion GR701ケースでスタイルに差をつけるデザイン
フラッグシップ、Core i9 14900KF搭載で、処理速度が飛躍的にアップ

【ZEFT Z45CBB スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS ROG Hyperion GR701
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASUS製 ROG STRIX Z790-F GAMING WIFI II
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45CBB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

プロ級のクリエイティブ作業もゲームも滑らかにこなす、アドバンストスタンダードのゲーミングPC
快適なパフォーマンスバランスが魅力!16GBメモリと最新NVMe 1TB SSDで高速動作
シンプルで洗練された静音性ケースに注目、Silencio S600で作業の集中度アップ
最新とパワフルが手を組んだCore i7 14700KF搭載、複雑な作業もスムーズに

【ZEFT Z45GE スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

アドバンスドセグメントの心臓で日々の戦いも余裕のゲーミングPC
進取のバランス、フルパワー32GBメモリ×RTX™ 4070の快速マシン
コンパクトなのに大胆、透明サイドパネルで内部がキラリモデル
ターボ動力の新世代Core™i3-14100、快適動作の心臓部

【ZEFT Z45DBW スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CM
【ZEFT Z52CM スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CM

高速インターネット接続のためのネットワーク仕様

ゲーム実況で重視すべきPCの特徴として高速インターネット接続は欠かせません。

ゲームの動きは一瞬一瞬が重要で、そのためには迅速で安定したデータの送受信が求められます。

ストリーマーが快適に配信を行うためには、イーサネットポートがギガビット規格に対応していることや、最新のWi-Fi規格であるWi-Fi 6にも対応しているPCを選ぶのが良いでしょう。

これらの仕様に対応していることで、高解像度でのライブストリーミングや迫力あるゲームプレイを実況する際も、視聴者に快適な視聴体験を与えることが可能です。

さらに、多くの視聴者と同時に交流を深める中で生じる可能性のある通信の遅延も最小限に抑えることができます。

対応している周波数帯や帯域幅もチェックすることで、より関連する情報を得られ、そこからストリーミングの質を高めるための選択をしやすくなります。

高速インターネット接続が持つこれらの利点は、ストリーマーにとって必要不可欠であり、そのために適したPC選びが成功の鍵を握るのです。


予算別おすすめゲーム実況PCラインナップ

予算別おすすめゲーム実況PCラインナップ

エントリーレベル コスパに優れた選択肢

ゲーム実況の世界に初挑戦するストリーマーたちにとって、コストパフォーマンスの高いエントリーレベルのPC選びは、まさに成功への最初の一歩と言えるでしょう。

予算をできるだけ抑えつつも、ストリーミングに必要な基本性能を確保するため、選択肢は非常に計算されたものでなければなりません。

ゲームが快適に動作し、かつライブ配信がスムーズに行える性能を備えたPCは、エントリーレベルでは特に注目されるべき特徴です。

それでは、具体的にどのような構成が求められるのでしょうか。

処理能力に関しては、最新のミドルレンジCPUを搭載し、メモリも少なくとも16GBを確保しましょう。

グラフィックスに関しては、リーズナブルな価格でありながら、中程度のゲーミング性能を備えたGPUが望ましいです。

これらを基盤に、ストレージは高速なSSDを選択することで、ゲームのローディング時間を削減し、ユーザー体験を高めることができます。

配信の品質を左右する要素として、インターネットへの接続速度も重要なポイントです。

有線LAN接続が可能なPCであれば、より安定した通信環境を確保できます。

また、ゲーム実況中には、コメントやチャットとのやりとりも欠かせないため、大型のモニターや複数のモニター接続に対応していることも見逃せません。

これらの要素を組み合わせることで、ゲーム実況における視聴者のエンゲージメントを高め、記憶に残る配信を行うことができるでしょう。

これらを踏まえ、エントリーレベルながらも十分なパフォーマンスを備えたPCは、ゲーム実況をこれから始める方々が最適なスタートを切る上での信頼できるパートナーとなるはずです。

そして、ストリーマーとして成長していく過程で、さらなるアップグレードを考慮する余地を残しながら、現状の予算に見合った選択をすることが利明な戦略と言えます。

ミッドレンジ 本格的なゲーム実況にふさわしいモデル

ゲーム実況の世界では、滑らかなプレイ映像とクリアな音声が視聴者を引きつける重要な鍵です。

ミッドレンジのPCを選ぶ時、ストリーマーにとって最適なスペックは、最新のゲームも快適に動作し、同時に高品質のストリーミングが可能であるものです。

これらの要求を満たすモデルには、強力なマルチコアプロセッサ、十分なメモリ、そして高性能なグラフィックカードが欠かせません。

例えば、Intel i7 または Ryzen 7に16GBのRAM、そしてNVIDIA RTX4060などのグラフィックスを搭載したものは、ミッドレンジの中でも一際そのパフォーマンスを発揮します。

ゲーム実況用途では、ストレージの速度と容量も見逃せません。

SSDの速度はゲームの読み込み時間を大幅に短縮し、大容量なら、録画した映像を保存するためのスペースに余裕を持たせることが可能です。

さらに、冷却システムが優れているPCは、長時間の使用においても安定した性能を維持し、効率的なゲーム実況をサポートします。

音声の品質を左右するマイク入力のノイズリダクション機能や、多数のUSBポートを装備していることも、複数のデバイスを接続するストリーマーにとっては重要なポイントです。

このクラスのPCを選択すれば、視聴者の期待に応える鮮明なビジュアルとプロフェッショナルなオーディオで、魅力的なストリーミングを実現することが間違いありません。

こうした様々な要素をバランス良く兼ね備えたミッドレンジモデルは、本格的なゲーム実況を目指すストリーマーにとって、理想的な選択と言えるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

ハイエンド 最高のパフォーマンスを誇るPCたち

ゲーム実況の頂点を極めるには、ハイエンドPCの選択が欠かせません。

最高のパフォーマンスを誇るPCたちは、最新のゲームタイトルでも滑らかなプレイと鮮明な映像を提供し、視聴者に忘れがたい体験をもたらします。

ストリーミング時の快適性はもちろん、複数の配信ソフトウェアを同時に稼働させるための強力なマルチタスク能力も備えています。

先進のCPUに加え、高性能なグラフィックカードはゲーム実況PCの心臓部と言えるでしょう。

例えば、NVIDIAのGeForce RTX4080やAMDのRadeon RX 7800 XTを搭載した機種は、驚異の解像度とフレームレートで視聴者を圧倒します。

また、迅速なデータアクセスが要求されるため、NVMe SSDを備えたPCはゲームのローディング時間を劇的に短縮し、ストリーミング中のダウンタイムを最小限に抑えます。

その上、十分なメモリ容量は複数のゲームや配信ツールを同時に起動しても安定したパフォーマンスを維持するために不可欠です。

32GB以上のRAMを搭載したPCではゲーム実況中の突発的なトラブルを予防し、プロフェッショナルな配信を約束します。

ハイエンドPC投資は、視聴者への究極のサービスであり、ストリーマーとしてのブランドを築くための重要な一歩です。

妥協のない最高の選択をして、ゲーム実況の新たな地平を開拓しましょう。

ストリーマーからの声 ゲーム実況におすすめのPC設定

ストリーマーからの声 ゲーム実況におすすめのPC設定

実際のゲーム実況者が選ぶPCのポイント

ゲーム実況者にとって、パフォーマンスと安定性を両立させるPCは、まさに仕事の相棒です。

実際のゲーム実況者たちが重要視するポイントとして、まずはパワフルなプロセッサが挙げられます。

高画質でスムーズなゲームプレイを配信するためには、複数のコアを有する最新世代のCPUが選ばれることが多いです。

次に、グラフィックカードですが、これは視?者に最高のビジュアル体験を提供するための核心部品であり、ハイエンドのものを選ぶことが一般的です。

また、快適なストリーミングには大量のメモリも不可欠です。

ゲームと同時に、配信ソフトウェア、ウェブブラウザ、チャットツールなど複数のアプリケーションを動かすため、少なくとも16GB以上のRAMを搭載するのが望ましいです。

内部ストレージに関しては、高速な読み書きが可能なSSDが好まれ、ゲームのロード時間短縮やOSの応答性向上に貢献します。

冷却システムも見逃せません。

長時間のゲームセッションとストリーミングはPCにかなりの負荷をかけるため、適切な冷却はシステムの耐久性を保ち、パフォーマンスの低下を防ぐ役割を果たします。

そして、拡張性を見据えた選択も重要です。

ニーズが変化する可能性に備え、メモリやストレージのアップグレードが容易なPCを選ぶことで、将来的な変更に柔軟に対応することができます。

このように、実況者の選択はただのスペック追求ではなく、長時間にわたる使用を見越した耐久性、拡張性、さらには長期的なコストパフォーマンスも含めた総合的な判断がなされています。

完璧なゲーム実況用PCは、これらの要素をバランス良く兼ね備えている必要があります。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D

パソコンショップSEVEN ZEFT R52D

無限の可能性、あなたに捧げるユーティリティフォーカスグレードのゲーミングPC
洗練されたパフォーマンス、16GB DDR5と1TB NVMe SSDが作り出すイデアルマッチ
スタイリッシュに輝くミドルタワーケース、センスを際立たせるデザイン性
Ryzen 9 7900X、高速処理がコミットする無限の創造力を体験

【ZEFT R52D スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52D

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52N

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52N
【ZEFT Z52N スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52N

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47P

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47P

マルチタスクにもゲームにも対応するスーペリアバジェットのゲーミングPC
RTX 4070搭載で、グラフィックスの先鋭性とメモリの余裕が高次元で融合
クリアサイドパネルのマイクロタワーケースで、洗練されたデザイン性をお部屋に
最新Core i5 14400Fで快適動作を確約するハイパフォーマンスモデル

【ZEFT Z47P スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47P

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47S

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47S

スマートパフォーマンスで先進のゲーミング体験を届ける、PCの新時代がここに
心ときめくスペックのバランス、16GBメモリと1TB SSDで高速・快適動作
クリアサイドパネルが映えるミドルタワーケース、美しさと実用性を兼ね備えたデザイン
ハイレベルなエントリークラス、新世代のCore i5 14400Fが瞬時に応答

【ZEFT Z47S スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47S

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AW

究極のプレイ体験をコミットするプロフェッショナルクラスのゲーミングPC
高速DDR5と1TB NVMe Gen.4 SSDで、スムーズなパフォーマンスと応答性を実現
洗練されたMasterBox CM694ケースが、あらゆるデスクトップにスタイリッシュな存在感を放つ
Ryzen 7 7700搭載、最新かつ高性能でマルチタスクも軽々とこなすPC

【ZEFT R47AW スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードRadeon RX 7900XT (VRAM:20GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47AW

ストリーミング時のセットアップとカスタマイズ

ストリーミング時のセットアップとカスタマイズでは、高性能なPCが、円滑な配信と視聴者とのコミュニケーションをサポートします。

最適なオンラインストリーミング体験を実現するためには、まずプロセッサが重要な役割を果たします。

高速なマルチコアプロセッサは、画質を落とさずに同時に複数のタスクをこなすことができるため、ゲームプレイと配信の両方で快適な操作感を提供します。

また、強力なグラフィックスカードは、高解像度でのゲーム実況や高フレームレートを求める際に不可欠です。

途切れのない画像とスムーズな動きは、視聴者にとっても嬉しいポイントです。

さらに、十分なメモリ容量は、ストリーミングソフトウェアとゲームの同時稼働をスムーズにします。

ストリーミングソフトウェアでは、配信の画面構成をカスタマイズできる機能が整っていることも大切です。

カメラの映像、チャットの表示、視?者のコメントなどを自由に設定できることで、個性的で楽しい配信環境を作り出せます。

インターネットの接続速度も、遅延のない配信を維持するために、十分なアップロード速度があることを確認することが求められます。

最後に、ストリーマーの声にも耳を傾けることが重要です。

経験豊かなストリーマーから寄せられる実践的なアドバイスは、セットアップの最適化やトラブルシューティングに役立つことでしょう。

配信者の業界での成功は、技術的な要素だけでなく、そこに込められた情熱と創造性が、視聴者を魅了する要因となります。

トラブル回避のためのマストハブ機能

ゲーム実況でスムーズなプレイと視聴者との円滑なコミュニケーションを保ちたい場合には、トラブルに対応できるPCの設備が必須となります。

ストリーマーたちが実際に経験してきた数々のトラブルから、ゲーム実況におけるマストハブ機能が明らかになってきています。

例えば、高性能なマルチコアプロセッサは、ゲームプレイと同時に配信ソフトウェアを運用するのに不可欠で、効率的なデータ処理が可能となり、ライブ配信の中断や遅延を大幅に減少させる助けとなります。

さらに、複数の画面を同時に管理できる十分なRAMは、配信の質を向上させます。

これにより、ゲーム画面のみならず、チャットやストリーミングツールをスムーズに扱うことができます。

また、ストレージに関しては、高速なSSDを採用することで、ゲームのロード時間が大幅に短縮され、ストリーミング中の無駄な待機時間を削減できます。

グラフィックについても、ハイエンドなグラフィックカードが望ましいです。

これにより、最新のゲームでもハイクオリティな映像を提供し、視聴者により良い視聴体験を提供できます。

さらに、インターネット接続の安定性を保つ高品質なネットワークカードも重要です。

これによって、視聴者が経験するストリームの品質が一定し、驚くべき瞬間をリアルタイムで共有できます。

以上がゲーム実況を行うPCにおいて、ストリーマーが推奨する、トラブルを効果的に回避するための重要な機能です。

これらの機能を備えたPCを選べば、ゲーム実況者は配信の品質に集中することができ、視聴者には快適な視聴環境が提供されるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

アドバンストスタンダードセグメント、究極の滑らかゲーム体験をコミットするゲーミングPC
RTX 4060Tiが映し出す鮮明なゲーム世界、快適32GBメモリが支える高速バランスモデル
NZXT H6 Flow Whiteケースでスタイリッシュながら、ゲームも日常作業もスムーズに処理
2023年の新星、Core i5 14600KFがプレイを次のレベルへ導く

【ZEFT Z45DCG スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XC

ミドルレンジの威力を兼ね備えた効率的なゲーミングPC、パワーとスタイルで選ぶならこのモデル
RTX 4070搭載で描画力が群を抜く、16GBメモリ搭載でマルチタスクも思うがままのバランス
エレガントなホワイトキューブケース、コンパクトでもゲームにマッチした洗練された美学
最新作もサクサク、Core i7 14700KFの高速処理能力で非凡なパフォーマンスを体感

【ZEFT Z45XC スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBV

エントリーゲーマーに最適、この省スペースゲーミングPCがあれば、世界が広がる!
パワフルなRTX 4060Tiと16GB DDR5メモリの黄金コンビ、俊敏なパフォーマンスを体感
省スペースだけど、スタイル抜群。コンパクトケースが与える洗練された魅力
Core i3 14100で日常からクリエイティブワークまで、スムーズな操作性を実現

【ZEFT Z45DBV スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSB

快適プレイをコミットするミドルレンジゲーミングPC、迫力の32GBメモリと最新グラフィックスで勝利を掴め
有線も無線も超速2.5G LAN・Wi-Fi 6対応、スムーズな接続で勝負時に差をつけるスペック
エレガントでプロフェッショナル、Fractal Northケースが空間に洗練をもたらす
高速処理の新世代Core i7-14700KF、マルチタスキングもストレスフリー

【ZEFT Z45BSB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSB

ゲーム実況PCのパーツ選び こだわりのカスタマイズ術

ゲーム実況PCのパーツ選び こだわりのカスタマイズ術

自分だけのオリジナルPC組み立て方法

ゲーム実況PCの真骨頂は、カスタマイズ性にあります。

なぜなら組み立てる楽しさと合わせて、実況者のパフォーマンスに直結するからです。

ストリーミングには高負荷がかかりますから、選ぶ部品一つ一つが重要になります。

まず、プロセッサーは複数のタスクを同時にこなすため、多コア・多スレッドが推奨されるでしょう。

次にグラフィックカードですが、高画質でスムーズな映像出力が求められます。

NVIDIAやAMDの最新シリーズから選ぶのが賢明です。

ストレージに関しては、ゲームのロード時間短縮と実況データの保存に、SSDの大容量で高速なものを選ぶ必要があります。

また、メモリは16GB以上を搭載することが多くのゲームで快適なプレイを保証します。

さらにエンコーディング処理の負担を軽減するためにも、高クロックのメモリが理想的です。

冷却システムも見逃せません。

長時間の使用で内部温度が上がるとパフォーマンスが低下するので、効率的なエアフローを確保するケースや、高性能のCPUクーラーを選ぶことが肝心です。

これらを見据え、機能性とデザイン性を兼ね備えた自分だけのオリジナルPCを組み立てれば、ゲーム実況はさらなる高みへと昇り詰めるでしょう。

ストリーマーとしての個性を光らせるカスタマイズは、視聴者への魅力の一つですし、何よりも安定したパフォーマンスが求められる実況者にとって必須のプロセスです。


相性の良いパーツの選定基準とは?

ゲーム実況をするためのPC選びにおいて、パーツ間の相性の良さは重要な要素となります。

パーツ選定基準の一つとして、まずプロセッサーとマザーボードは、互いに対応するソケットを持っている必要があります。

例えば、Intelの最新Core i9プロセッサーを使用する場合、それがサポートされているチップセットを搭載したマザーボードを選ぶことが不可欠です。

また、メモリに関しては、マザーボードのサポートするタイプや速度に注意し、最適なパフォーマンスを引き出すためDDR4や近年登場したDDR5の高速メモリを適切に選びましょう。

さらに、グラフィックカードもゲーム実況における快適なストリーミングを行うためには欠かせません。

選ぶ際は、ゲームの要求スペックはもちろん、エンコードに強いNVIDIAのGeForce RTXシリーズのような、配信にも優れた機能を持つ製品が推奨されます。

重たいゲームプレイと同時にストリーミングを行うためには、十分なVRAMを有したモデルを選ぶことが肝心です。

ストレージに関しては、SSDの速やかなデータアクセスがゲームのロード時間を短縮し、ストリーミング中のパフォーマンスも安定します。

特にNVMe M.2インターフェースのSSDを選べば、それはデータ転送速度の面で大きなアドバンテージとなります。

また、大容量のゲームや記録ファイルを保存するためには、追加のHDDも有用です。

電源ユニットは、想定される全てのパーツの消費電力よりも高い余裕を持ったものを選び、安定した電力供給を確保することでシステムの信頼性を上げることができます。

このように各パーツの選定基準を念頭に置きつつ、バランス良くパーツを組み合わせることで、信頼性の高いゲーム実況PCを構築することができるでしょう。

アップグレードの際のポイント

アップグレードの際のポイントで特に重要なのは、ゲーム実況における流暢さと高品質な映像を保持することです。

描写能力が高いグラフィックカードは、視覚的に魅力的なストリームを提供する上で欠かせません。

実況中に求められるゲームの快適なプレイを維持するため、プロセッサーの選定にも細心の注意が必要です。

多くのゲーム実況者が高負荷な状況でもスムーズなパフォーマンスを確保できるよう、多コア・高クロック速度のCPUを選択しています。

さらに、メモリは大量のデータを迅速に処理するために高速で容量の大きいものが推奨されます。

ストリーミングは大量のデータをインターネットに送信する作業であり、メモリの容量が不足すると実況中のパフォーマンスに影響を与えかねません。

ストレージに関しては、高速読み込みが可能なSSDを採用することで、ゲームのロード時間短縮とシステムの反応速度向上を実現できます。

アップグレード時には互換性も非常に重要で、新たに導入するパーツが既存のシステムや他のパーツと問題なく連携できるか検討する必要があります。

不適合なパーツを選ぶと、性能の向上はおろかシステム全体に不具合を引き起こすリスクがあるため、慎重な選択が求められます。

最後に、高性能なパーツは発熱量も多くなる傾向にあるので、冷却システムのアップグレードも念頭に置くべきです。

適切な冷却機能を備えることで、長時間にわたるゲーム実況でも安定したパフォーマンスを保つことが可能になります。

ゲーム実況用PCをアップグレードする際にはこれらのポイントを意識しながら、最適なパーツの選定を行っていくことが成功の鍵です。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

ゲーム実況に最適なオペレーティングシステム(OS)

ゲーム実況に最適なオペレーティングシステム(OS)

Windows vs macOS ゲーム実況での選択肢

ゲーム実況の世界では、これまで多くのストリーマーたちがオペレーティングシステム(OS)を選ぶ際、憩いの場としてWindowsを選んできました。

確かに、Windowsは幅広いゲームタイトルに対応しており、ゲーム実況においては豊富なソフトウェアとの互換性や、柔軟性も魅力です。

一方のmacOSもデザインと安定性に優れ、信頼性の高さを誇るOSとして注目されていますが、ゲームタイトル数の面ではWindowsに一歩譲る形となっています。

ゲーム実況では、生配信の快適さと高品質な動画作成能力が求められます。

WindowsはDirectXや各種ゲームエンハンスメントツールを備え、最大限のグラフィックパフォーマンスを発揮することができます。

また、OBS StudioやXSplitなどの実況ソフトウェアが本来の力を発揮しやすいのも特徴です。

これに対して、macOSはファイナルカットプロやロジックプロXなど、プロ仕様の編集ツールが揃っており、クオリティの高い動画制作が可能ですが、ゲーム実況専用の機能には若干制限があるかもしれません。

結局のところ、ゲーム実況における最適なOSの選択は、使用可能なゲームタイトルの多さ、実況配信や動画編集ソフトウェアの互換性、システムの安定性といった要素を総合的に考慮し、ストリーマー自身の好みと要求に最もフィットするものを選ぶことが重要です。

WindowsであろうとmacOSであろうと、そのどちらもゲーム実況には十分適していると言えるでしょう。

最終的には、自身のスタイルに合わせた選択をして、視聴者に最高のエンターテイメントを提供することが肝要です。

ゲーム実況におけるOSの最新機能

ゲーム実況におけるOSの最新機能というテーマに触れることで、ゲーム実況を行う際の効率性と魅力を一層引き出せるようにしましょう。

昨今のOSでは、ストリーミング機能が大幅に改善されており、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動作させることが可能です。

これは、配信中にゲームプレイと同時にチャット管理や視聴者とのコミュニケーションがより一層シームレスに行えることを意味しています。

また、ゲーム実況に不可欠な高度なビデオカードとの互換性もOSのアップデートにより向上しています。

これにより、解像度やフレームレートの調整が容易になり、ハイクオリティな映像を配信できる環境が整っています。

配信者にとって重要なアーカイブ作成も、OSの進化により瞬時に行えるようになっており、作業の効率化が促進されています。

さらに、最新のOSはセキュリティ機能にも注力されており、不正アクセスやウイルスから保護しながら安心してゲーム実況を行える点も見逃せません。

長時間に及ぶゲーム実況でも快適に行えるようにリソースの管理が最適化された結果、まるでゲーム実況専用に設計されたかのようなユーザー体験が提供されています。

これらのOSの最新機能を駆使して、ストリーマー達は視聴者に向けて最高のエンターテイメントを提供することができるのです。

安定したパフォーマンスを保つためのOSメンテナンス

ゲーム実況では、高画質でスムーズな放送を維持するためには、オペレーティングシステム(OS)の安定したパフォーマンスが必須です。

OSを最適な状態に保つためには、定期的なアップデートの実施が欠かせません。

これによりセキュリティの強化と共に、最新の機能が追加され、システムのバグ修正が行われることで、予期せぬトラブルを未然に防ぎます。

また、ディスクのクリーンアップを定期的に行い、不必要なファイルや一時ファイルを削除することで、ストレージの空き容量を確保し、システムの反応速度を向上させることができます。

ウイルス対策ソフトは最新の状態を保ち、リアルタイムの監視を常に行うことで、不意のマルウェア感染がシステムを低下させるのを防ぎます。

さらに、バックグラウンドで動作する不要なプログラムを終了させることで、リソースをゲーム実況に集中させることが可能になります。

定期的にシステムのリソース使用状況を確認し、メモリやCPUの負荷が不適切な場合は、適切な設定変更やハードウェアのアップグレードを検討することも大切です。

OSのメンテナンスを怠ることなく、効果的な管理を行うことは、ストリーマーとして最高の配信を続けるための鍵です。

リスナーが求めるクオリティの高い実況で視聴者を惹きつけ、ファンを増やし続けるためには、OSから始まるPCの体調管理は欠かせないのです。

ゲーム実況に役立つ周辺機器とセットアップ

ゲーム実況に役立つ周辺機器とセットアップ

ゲーム実況向けのモニター選びのコツ

ゲーム実況のクオリティを左右する重要な要素として、モニター選びは非常に重要です。

理想的なモニターは、映像遅延が少なく、高いリフレッシュレートを備え、応答速度が速いことが必要です。

なぜなら、ゲーム実況者にとってリアルタイムの反応速度が求められるため、画面上での動きがスムーズでなければならないからです。

加えて、色彩表現が豊かでコントラストが高いモニターを選ぶことで、視聴者にとって鮮やかで魅力的な映像を提供することができます。

高解像度であることもポイントで、現在ではフルHDを最低基準とし、より精細な映像を求めるなら4K解像度のモニターが望ましいです。

ただし、4Kでゲーム実況を行う場合は、それに見合った性能のグラフィックカードや配信機器が必要になるため、全体のセットアップバランスを考慮する必要があります。

視野角にも着目しましょう。

広い視野角を持つIPSパネルは、どの角度から見ても色の変化が少なく、多角的な配信環境に適しています。

さらに、ゲーム実況では長時間の使用が前提になるため、目の疲れを軽減するブルーライトカット機能やフリッカーフリー機能などの目に優しい仕様を持つモニターを選ぶことも大切です。

最適なモニター選びにより、ストリーマーは快適な環境でゲーム実況を続けられるだけでなく、視聴者にも最高の視聴体験を提供することができます。

ストリーマー必携のキャプチャーデバイス

ストリーマー必携のキャプチャーデバイスは、ゲーム実況を次のレベルへと押し上げるための不可欠なアイテムです。

ゲーム映像の高品質と無遅延の取り込みを実現するために、専門のキャプチャーカードやキャプチャーボックスが必要になります。

これらのデバイスは、ゲーム機から直接高解像度のビデオ信号をパソコンに送信し、スムーズにストリーミングや録画を可能にします。

また、複数の入出力ポートを持つものを選択することで、マイクやカメラ、さらには別のPCなどを接続し、複雑な配信環境を構築することもできます。

キャプチャーデバイスの選択においては、互換性も重要なポイントです。

PCだけでなく、各種ゲーム機との接続がスムーズに行え、また、選ぶソフトウェアとの相性も良好でなければなりません。

さらに、画質設定や音声同期など細かい調整が可能なデバイスを選ぶことで、視聴者に快適な視聴体験を届けることができるでしょう。

アクティブストリーマーには、低遅延かつ信頼性の高いキャプチャーデバイスが推奨されています。

それにより、ライブ性が重視される実況プレイやインタラクティブな配信時でも、内容の豊かさとプロフェッショナルな配信クオリティが保たれます。

ゲーム実況において、視聴体験を左右するキャプチャーデバイスの選定は、ストリーマーの技術の見せ場とも言えます。

厳選されたデバイスを活用することで、配信内容が際立ち、視聴者を引きつける魅力的なストリーミングが実現可能となるのです。


長時間の実況も快適なイスやデスク

ゲーム実況が盛んに行われる現代において、快適なイスやデスクの重要性は計り知れません。

ストリーマーにとって長時間の放送は体力を要し、その際に適切なサポートを提供する家具は必須となります。

特にイスに関しては、体にフィットし疲れにくい設計が求められるため、調節可能なアームレストやランバーサポートを備えたゲーミングチェアが推奨されます。

これらのチェアは、長時間の使用でも体への負担を軽減し、集中力の持続に寄与します。

また、デスクにおいても、適切な高さと広さは作業効率の向上に繋がります。

広いデスクスペースによって、複数のモニターやストリーミング機材を配置することが可能であり、必要な道具がすぐに手の届く範囲にあることで、実況中の操作がスムーズに行えます。

ケーブル管理の工夫や、デスクの耐久性も重要な点であり、散らかりがちな配線を整理し、機材が安定して設置できる頑丈なデスクがお勧めです。

心地良くゲーム実況を行う環境を整えることは、ストリーマーが視聴者に最高のエンターテインメントを提供する上で欠かせない要素です。

このように、イスやデスク選びは視聴者に快適なストリーミング体験をもたらし、ストリーマー自身の健康を守るためにも重要です。

適切な設備投資は、長期的に見て、ストリーマーのパフォーマンス向上に寄与すること間違いありません。

完璧なストリーミング環境 ゲーム実況PCのネットワーク構築

完璧なストリーミング環境 ゲーム実況PCのネットワーク構築

高速かつ安定したインターネット接続の方法

高速かつ安定したインターネット接続は、ゲーム実況PCのパフォーマンスを最大限に引き出すために不可欠です。

特にストリーマーにとって、カクつきのないスムーズな配信は視聴体験を大きく左右します。

まず、有線LAN接続が不可欠です。

Wi-Fiに比べ信号の安定性と速度面で優れているため、断然推奨されます。

また、インターネットサービスプロバイダーとの契約時には、アップロード速度に注目しましょう。

配信には高速なアップロードが求められるからです。

これに加え、ルーターやモデムのスペックも重要です。

特にQoS(Quality of Service)機能を備えたものを選ぶことで、ゲーム実況用のデータ通信を優先して処理することが可能になります。

ゲーム中にリアルタイムでチャットを交わすことが多い実況者には、遅延を最小限に抑えるためのギガビット対応のネットワーク機器が必要です。

この機器を用いることで、データの転送速度が大幅に向上し、快適なストリーミング環境を築くことができます。

さらに、ストリームの品質を保つためには、ストリーミング中に頻繁に発生するデータの大きな波にも対応する必要があります。

そのためにも、ISPやルーターを過信せず、リアルタイムでのネットワーク監視ツールを活用し、接続状態を常にチェックすることが不可欠です。

安定と速度はゲーム実況において不可分の要素であり、その最適化こそが視聴者に最高のエンターテイメントを提供するカギとなります。

快適な実況環境を実現させるためにも、これらの点への配慮を忘れないようにしましょう。

ゲーム実況に適したルーターの選び方

ゲーム実況に適したルーターの選び方には、複数の重要なポイントがあります。

まず、高いデータ転送速度を確保するためには、ギガビット対応のルーターが推奨されます。

これにより、ライブストリーミング時の映像や音声の遅延を抑え、視聴者に快適な視聴体験を提供できます。

次に、安定した接続を持続させるためには、最新のWi-Fi規格であるWi-Fi 6(802.11ax)に対応しているモデルが望ましいです。

Wi-Fi 6は従来の規格よりも高速で安定しており、特に多くのデバイスがネットワークに接続されている状況においても優れたパフォーマンスを発揮します。

さらに、複数のストリームを同時に扱うことが多いストリーマーにとって、複数の高性能アンテナを装備したルーターを選ぶことは、ネットワークのカバレッジと信号強度を向上させる上で重要です。

これによって、家の隅々まで強い信号を送り届けることが可能となります。

また、ゲーム実況には帯域幅の優先順位を設定できる品質サービス(QoS)機能が備わったルーターが理想的です。

QoS設定により、ゲームやストリーミングに必要な帯域幅を他のアプリケーションよりも優先的に配分することで、安定したストリーミングを保証します。

ルーターを選ぶ際には、これらの機能に加えて、セキュリティ機能や親和性の高いネットワーク機器との互換性も考慮することが重要です。

堅牢なセキュリティ機能は個人情報の保護を、互換性はシステム全体の最適な性能を確保するために不可欠です。

適切なルーターを選ぶことで、ゲーム実況の品質を格段に向上させ、視聴者に最高のエンターテインメントを提供することができます。

ネットワークトラブルを避けるコツ

ストリーマーが直面する最も一般的な問題の一つがネットワークトラブルです。

高画質でスムーズなゲーム実況を提供するためには、安定したインターネット接続が不可欠です。

まず考えるべき事項は、有線接続です。

Wi-Fiは便利ですが、干渉や距離による速度低下が発生しやすいため、可能な限りEthernetケーブルを用いることをお勧めします。

さらに、ゲームと同時に実況する場合、帯域幅には十分な余裕をもってください。

インターネットプロバイダーに確認し、ゲームプレイとストリーミングの両方に対応するプランを選ぶことが大切です。

次にインターネットルーターの位置と設定に注意しましょう。

ルーターは中央に置き、障害物がないことを確認すること、またデバイスへの信号強度が最適であることが望ましいです。

ルーターのファームウェアを最新に保ち、不要な接続は削除することで、セキュリティと性能が維持されます。

さらに、QoS(Quality of Service)を設定して、ゲーム実況に必要なトラフィックが優先されるようにすると良いでしょう。

これにより、同じネットワーク上の他のデバイスの活動が実況の品質を阻害することがなくなります。

ストリーミング用のPCを選ぶ際には、ネットワークカードの性能も重要なポイントです。

ギガビットEthernet対応のカードは、より高速なデータ転送を実現し、より安定したストリームを実現する手助けとなります。

正しい設定と良質な機材の選択により、ネットワークトラブルは大きく避けられます。

これにより、ストリーマーはゲームに集中し、視聴者に最高の視聴体験を提供することができます。

ネットワークの最適化が、快適なゲーム実況への第一歩です。

実戦レビュー 人気ゲーム実況者が語るPC選びのエッセンス

実戦レビュー 人気ゲーム実況者が語るPC選びのエッセンス

有名実況者が推奨するPCとは?

実際の戦場とも言えるゲーム実況の世界で、トップストリーマーたちが何を基準にPCを選んでいるのかは、これからゲーム実況を始めたい人にとって非常に価値ある情報です。

その中で一貫して聞かれるのは、高い処理能力と耐久性を持ち合わせたマシンが必須であるという点です。

彼らは、長時間にわたるストリーミングや高解像度のゲームプレイを軽々とこなすCPU、高性能なグラフィックカード、そして十分なメモリ容量を搭載したPCを推奨しています。

また、ライブ配信中のトラブルを避けるためにも、スムーズなデータの読み書きが可能な高速SSDを重視する声も多く聞かれます。

さらに、快適なゲーム実況を維持する上で、冷却システムの重要性を指摘する声も耳にします。

高負荷がかかり続ける実況環境でPCが過熱しないための優れたクーリング機能は、パフォーマンスの維持だけでなく、機器の寿命を延ばすためにも欠かせない要素となっています。

結果として、これらのスペックを満たすPCはゲーム実況において高い信頼性とパフォーマンスを提供し、多くの有名ストリーマーからの推薦を得ているわけです。

加えて、状況に応じてグラフィックの設定を変更できる柔軟性や、複数のディスプレイに対応するための入出力ポートの豊富さも、彼らが選ぶPCに求められるポイントです。

高品質なゲーム実況を維持するためには、これらのスペックに加えて、趣向を凝らした配信を可能にする拡張性も見逃せません。

ストリーマーたちが推奨するPCでは、これらの要素がバランス良く組み合わさっており、それが彼らの配信を支える信頼の根幹となっています。

ストリーミングで効果を発揮するPCの設定

ゲーム実況においてストリーミングは成功の鍵を握りますが、PCの設定にもそれを左右する要素が多く潜んでいます。

まずはPCの性能を最大限に活かすために、マルチコアプロセッサの最適化が必須です。

多くのゲームは複数のコアを利用することでスムーズに動作し、同時にストリーミングソフトウェアもサブコアで効率よく動かすことができます。

さらに、グラフィックカードの設定で、ゲーム内の特定のシェーダーやテクスチャの詳細レベルを調整することで、画質とパフォーマンスのバランスを見つけ出すことが大切です。

ストリームを通して視聴者に届ける映像は鮮明である必要がありますが、エンコード設定を間違えると画質が低下することも。

ビットレートの調整は見逃せないポイントで、高すぎると配信の安定性に影響を及ぼし、低すぎると映像のクオリティが下がりがちです。

同様にストリーミングソフトウェアのオーバーレイ機能を適切に使用することで、ゲーム画面に無駄がなく、情報を過不足なく視聴者に提供することが可能です。

また、快適なストリーミング体験を提供するためには、サウンド設定の最適化も欠かせません。

マイクのノイズリダクションやエコーキャンセリング、ゲーム音とマイク音のバランス調整により、クリアで聴き取りやすいオーディオを実現することができます。

このように、PCの細かな設定一つ一つがストリーミングの品質に大きく影響するのです。

ゲーム実況者にとって最適なPC設定は、ただ硬いスペックを追求するだけではなく、配信のクオリティを最大化するための緻密な調整が不可欠なのです。

実際のゲーム実況でのPC使用経験談

ストリーマーにとって、ゲーム実況はただの趣味を超えた熱い情熱の発露です。

そこで欠かせないのが信頼できるPCの力であり、これがあるかないかで実況の出来栄えは天地の差とも言えるでしょう。

人気ゲーム実況者達が自らの経験をもとに語るPC選びは、ゲームプレイをスムーズに行い、同時に視聴者に高品質な映像を届けるための重要な知見に満ちています。

彼らがまず重視するのは処理能力です。

特にCPUとGPUの優れた組み合わせは、高解像度のゲームを快適にプレイする上で、また多数の視聴者にストリームする際の延滞なく滑らかな映像提供の要です。

実際の実況でフレームレートが落ちたり画面がカクついてしまうと、視聴体験を著しく損ねてしまい、フォロワーの離脱に直結することになりかねません。

また、信頼性も重要な要素です。

実況中に予期せぬトラブルに見舞われることなく、長時間安定的に機材を稼働させるための耐久性や冷却性能を備えたPCが求められます。

いくら性能が高くても、オーバーヒートによるシャットダウンでは視聴者との信頼関係にヒビが入るだけです。

実況者たちはまた、拡張性を持つPCの重要性にも言及します。

将来的に何が流行するかは誰にも予測できず、新しいゲームやストリーミングサービスに対応するためには柔軟にアップグレードできる機材が望ましいのです。

ストリーマーにとって、最良のPCは、ただ単に今に最適化されたものではなく、これからにも対応できる、まさに生きた投資と言えるでしょう。

このように、実況者の生の声は多くの有益な情報を提供してくれます。

経験談を活かすことで、これからゲーム実況を始める方々は、より賢明なPC選びを行うことができるのです。


あわせて読みたい

作曲家の悩み解消! DTMに最適な音楽制作PCおすすめランキング

BTOパソコン シックス

e-sportsに最適! ゲーム用パソコンの選び方とおすすめモデル紹介

静音PC&BTOパソコン

VR Worldを支配せよ! 究極のゲーミングPC選出術

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

実践! クリエイターPCのおすすめ構成ガイド パフォーマンス最大化の秘訣

おすすめゲーミングPCライフ

高性能で選ぶ! 最強おすすめゲーミングPCベストセレクション

ゲーミングPC Z

ゲーム実況PCの最適解 画質・速度・安定性を備えて

えぐぜくてぃぶなPC

AIイラスト革命 自動生成性能を極めるPC選定ガイド

静音PC&BTOパソコン

ライブ配信のプロフェッショナルが選ぶおすすめPCリスト

BTOパソコン シックス

選び方が9割! パソコン購入前に読むべきおすすめガイド

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

プロエンジニア推薦! おすすめBTOパソコン完全ガイド

えぐぜくてぃぶなPC

システムエンジニア向けパソコン価格別全ガイド コスパ最強編

ゲーミングPC Z

動画制作者向けパソコン完全ガイド あなたにぴったりの機種選び

おすすめゲーミングPCライフ

ゲーミングPCの最新トレンド分析 2024年注目のハイパフォーマンス機種

BTOパソコン シックス

パソコンカスタマイズの新基準! 注文の際に追い求めるべき性能とは?

静音PC&BTOパソコン

静かな環境を求める全ての人へ! おすすめ静音PCカタログ

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーム配信PC選択術 スペック優先で勝ち抜くストリーミング

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

ゲーム改革! スペックに秀でたPC導入手引き

ゲーミングPC Z

モダンデザインの制作に最適! WEBデザイナーのためのおすすめパソコン

おすすめゲーミングPCライフ

システムエンジニア向けパソコン推薦モデル パフォーマンスリーダー

静音PC&BTOパソコン

映像制作マジック パソコンの性能で創造性を解放

BTOパソコン シックス

フルカスタマイズ可能! 究極のBTOパソコン選び方大全

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーム実況のプロへ! おすすめPC選択ガイド2024

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

視聴者を惹きつける! ライブ配信用おすすめPCの選び方

ゲーミングPC Z

CPUを極める! ヘビーユーザー向けBTO PC完全ガイド

静音PC&BTOパソコン

マンガ制作向け! コストパフォーマンス抜群のおすすめPC紹介

おすすめゲーミングPCライフ

予算別で選ぶ、価格パフォーマンスに優れたおすすめBTOパソコン

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

生成AIを見据えた未来設計! 最前線のおすすめPCナビ

BTOパソコン シックス

グラフィックデザイナーの選択 おすすめCore i7搭載PC

えぐぜくてぃぶなPC

ライブ配信のためのおすすめPC 飛躍するための選択肢

静音PC&BTOパソコン

音楽制作PCのフル活用! おすすめDTMセットアップガイド

ゲーミングPC Z

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次